写真ダウンロード


中部地方6


ここでは全国の神社仏閣のバリアフリーマップ・駐車場・写真・歴史と周辺観光について紹介している「車椅子で行く神社仏閣・パワースポットの旅」のアイキャッチ画像の写真をダウンロードできます。ただし、境内への立入りに入場料が必要な施設は除きます。


写真ダウンロード


継鹿尾観音寂光院

継鹿尾観音寂光院は、愛知県犬山市の真言宗寺院で、鵜飼で有名な長良川沿いに聳える継鹿尾山上にあります。「尾張のもみじでら」とも称され、秋には10万坪の広い境内が鮮やかな紅に染まります。山内にはスロープカー(モノレール)が設置され、参拝も容易になりました。

所在地:岐阜県

キーワード:中部地方,愛知

リンク:【車椅子の旅】継鹿尾観音寂光院

継鹿尾観音寂光院


禅昌寺

禅昌寺は、岐阜県下呂市にある臨済宗の名刹で、飛騨国主・三木直頼が再興したと伝えられます。境内大方丈ほかの建物は江戸時代のもので、茶道宗和流の祖・金森宗和(金森重近)が造園した名勝庭園「萬歳堂」や「八方にらみの達磨」の異名をもつ雪舟筆の大達磨像ほか多くの寺宝があります。

所在地:岐阜県

キーワード:中部地方,岐阜

リンク:【車椅子の旅】禅昌寺

禅昌寺


南宮大社

南宮大社(なんぐうたいしゃ)は、岐阜県垂井町の式内社、美濃国一の宮。現社殿は関ヶ原の戦いで焼失後に徳川家光が再建した朱塗りの鮮やかなもので、国の重要文化財です。美濃国府の南に位置することから「南宮」といい、南宮山麓に鉱山の神・金山彦命を祀っています。

所在地:岐阜県

キーワード:一の宮,中部地方,岐阜,式内社

リンク:【車椅子の旅】南宮大社

南宮大社


三光稲荷神社

三光稲荷神社は、愛知県犬山市の神社で、銭洗池の御利益から「倍返し神社」として近年では有名になりました。針綱神社、犬山神社とともに犬山城登城口近くに鎮座し、創建不明ながら城主・成瀬氏から信奉されていました。境内には道開きの猿田彦神社や恋愛成就の摂社・姫亀神社もあります。

所在地:岐阜県

キーワード:中部地方,愛知,稲荷

リンク:【車椅子の旅】三光稲荷神社

三光稲荷神社


一本杉白山神社

一本杉白山神社は、岐阜県高山市にある神社で、菊理姫命ほかを祀ります。社殿裏手に白山を望む杉の老木がそびえ、武運長久を祈って矢を射立てたという古俗をもって知られています。この神社の前には日露戦争の「軍神」となった広瀬武夫中佐の寓居跡があります。

所在地:岐阜県

キーワード:中部地方,岐阜

リンク:【車椅子の旅】一本杉白山神社

一本杉白山神社


富士山本宮浅間大社

富士山本宮浅間大社は、静岡県富士宮市にある駿河国一の宮です。祭神は木花之佐久夜毘売命で、富士山頂に奥宮があります。境内の湧玉池は、富士山の雪水が伏流水となって集まったものといわれます。晴れた日には社殿の奥に富士山を仰ぎ見ることができます。

所在地:静岡県

キーワード:一の宮,世界遺産,中部地方,式内社,静岡

リンク:【車椅子の旅】富士山本宮浅間大社

富士山本宮浅間大社


三嶋大社

三嶋大社は、静岡県三島市にある旧官幣大社、伊豆国一の宮で、主祭神は大山祇神、事代主命です。『延喜式』神名帳に名がみえる古社で、中世以降は、源頼朝をはじめ多くの武将の崇敬を受けました。三島市の市街地にあり、朝早くから散策する人も多くみられます。

所在地:静岡県

キーワード:一の宮,中部地方,式内社,静岡

リンク:【車椅子の旅】三嶋大社

三嶋大社


小國神社

小國神社は、静岡県森町、本宮山の南麓にある遠州一の宮で、御祭神は大己貴命です。平野部からは距離がありますが、平日でも意外と参拝者が多く見られます。山の空気がひじょうに心地良い場所です。

所在地:静岡県

キーワード:一の宮,中部地方,式内社,静岡

リンク:【車椅子の旅】小國神社

小國神社


舘山寺

舘山寺(かんざんじ)は、静岡県浜松市にある弘法大師開創と伝える寺院で、本尊は虚空蔵菩薩です。火伏せの神として有名な秋葉山の末寺で、舘山中腹に位置し、眼下には風光明媚な浜名湖が広がります。周辺に観光資源も多く、終日楽しめるスポットです。

所在地:静岡県

キーワード:中部地方,静岡

リンク:【車椅子の旅】舘山寺

舘山寺


箱根神社・九頭龍神社新宮

箱根神社は、天平宝字元年(757)、万巻上人が「箱根三所権現」を祀り山岳霊場として発展、石橋山の戦いに敗れた源頼朝を保護したことから武家の崇敬も厚く、近世に東海道の往来が繁くなると庶民信仰でも栄えました。杉並木が続く参道には森厳とした雰囲気があり、境内の九頭龍神社の「龍神水」も人気があります。

所在地:静岡県

キーワード:神奈川,関東地方

リンク:【車椅子の旅】箱根神社・九頭龍神社新宮

箱根神社・九頭龍神社新宮



↑ ページの最初に戻る