写真ダウンロード


四国地方


ここでは全国の神社仏閣のバリアフリーマップ・駐車場・写真・歴史と周辺観光について紹介している「車椅子で行く神社仏閣・パワースポットの旅」のアイキャッチ画像の写真をダウンロードできます。ただし、境内への立入りに入場料が必要な施設は除きます。


写真ダウンロード


大麻比古神社

大麻比古神社は、徳島県鳴門市の神社で、主祭神は大麻比古神、阿波国の一宮です。『日本書紀』に天富命が粟、麻などを植え殖産興業の基を開いたといい、『延喜式』では名神大社に列しています。境内では樹齢千年の楠が青々とした葉を広げ、社殿裏手には坂東俘虜収容所のドイツ人捕虜が造った石橋も残されています。

所在地:徳島県

キーワード:一の宮,四国地方,式内社,徳島

リンク:【車椅子の旅】大麻比古神社

大麻比古神社


霊山寺

霊山寺は、徳島県鳴門市の寺院で、四国八十八箇所霊場の第一番札所。御本尊は釈迦如来。天平年間に聖武天皇の勅願により行基が開創し、弘法大師が修行したところと伝えられます。こじんまりとしたのどかな場所ですが、白装束のお遍路さんの姿が引きも切らないところです。

所在地:徳島県

キーワード:四国地方,四国遍路,徳島

リンク:【車椅子の旅】霊山寺

霊山寺


善通寺

善通寺は、香川県善通寺市にある寺院で、弘法大師誕生の地として有名です。境内は金堂や五重塔などがある東院と、御影堂などが並ぶ西院にわかれます。四国八十八箇所第75番札所で、浄衣を着たお遍路さんの姿も目立ちます。境内は広々として五重塔の優美な姿が映えます。

所在地:香川県

キーワード:四国地方,四国遍路,香川

リンク:【車椅子の旅】総本山善通寺

善通寺


金刀比羅宮

金刀比羅宮は、香川県琴平町の神社で、大物主神を主神とし、崇徳天皇を配祀。「こんぴらさん」とも呼ばれます。海上安全の守護神として信仰され、室町時代以降はお伊勢参りと並ぶ庶民参詣の拠点となっています。象頭山中腹の御本宮は785段の石段上にあり、境内から讃岐平野を一望できる雄大さが魅力です。

所在地:香川県

キーワード:四国地方,香川

リンク:【車椅子の旅】金刀比羅宮

金刀比羅宮


志度寺

志度寺は、香川県さぬき市にある真言宗の寺院で、四国霊場第86番札所です。謡曲『海人』にある「海女の玉取り伝説」を伝え、志度湾に面した境内には海女の墓や大名・生駒親正の墓があります。江戸時代の本堂や仁王門は国重要文化財です。

所在地:香川県

キーワード:四国地方,四国遍路,香川

リンク:【車椅子の旅】志度寺

志度寺


白峯寺

白峯寺は、香川県の白峯山上にあり、憤怒のあまり天狗に化したという崇徳院が配所で崩御された後に廟所として営まれた頓証寺殿のある真言宗の寺院です。もとは平安初期に弘法大師が開基したと伝えられ、四国霊場第81番札所となっています。

所在地:香川県

キーワード:四国地方,四国遍路,香川

リンク:【車椅子の旅】白峯寺

白峯寺


屋島神社(讃岐東照宮)

屋島神社は、香川県の屋島山麓にある東照宮で、高松藩初代・松平頼重が徳川家康の神廟を建立したのにはじまり、8代藩主松平頼儀が現在地に社殿を造営しました。屋島南嶺を望む風光明媚なところです。

所在地:香川県

キーワード:四国地方,香川

リンク:【車椅子の旅】屋島神社(讃岐東照宮)

屋島神社(讃岐東照宮)


神谷神社

神谷神社(かんだにじんじゃ)は、香川県坂出市に鎮座し、本殿は造営年代が明らかな最古の流造社殿として国宝に指定されています。集落の中にある小さな神社ですが、平安時代の『延喜式』神名帳に載る由緒ある神社で、随身像や舞楽面などの神宝を伝えています。

所在地:香川県

キーワード:四国地方,国宝建築,式内社,香川

リンク:【車椅子の旅】神谷神社

神谷神社


屋島寺

屋島寺は、香川県高松市の真言宗の寺院で、四国八十八箇所の第84番札所となっています。源平合戦で有名な屋島の南嶺に位置しており、入母屋造の本堂は鎌倉時代の古材を使って江戸初期に再建されたもので、国の重要文化財となっています。また、本堂右手の「蓑山大明神」は化け狸の「太三郎狸」を祀り、子宝や縁結びに御利益があるといいます。

所在地:香川県

キーワード:四国地方,四国遍路,香川

リンク:【車椅子の旅】屋島寺

屋島寺


石鎚神社

石鎚神社は、愛媛県西条市の神社で、祭神は石土毘古神。奈良時代の『日本霊異記』にも名がみえる古社で、修験道の祖・役小角の開山以来、神仏習合して石土蔵王権現と称されていました。麓の本社のほか、石鎚山頂に頂上社、中腹に成就社、土小屋遙拝殿があり、山岳信仰の拠点としての雰囲気を今に伝えています。

所在地:愛媛県

キーワード:四国地方,愛媛

リンク:【車椅子の旅】石鎚神社

石鎚神社


大山祇神社

大山祗神社は、愛媛県大三島町にある神社で、伊予国一の宮です。御祭神は大山積神となっています。中世、三島水軍を率いた河野氏をはじめ多くの武将が寄進をしたことから、国宝・重要文化財の指定を受けている武具の約8割がここに収蔵されているといいます。また、境内の大楠は願掛けをすると願い事が叶うとされます。

所在地:愛媛県

キーワード:一の宮,四国地方,式内社,愛媛

リンク:【車椅子の旅】大山祇神社

大山祇神社


最御崎寺

最御崎寺は、高知県の室戸岬上にある、四国八十八ヵ所24番札所にあたる寺院であり、本尊は虚空蔵菩薩です。室戸岬で修行した空海が唐から帰国後に創建したと伝えられています。遍路道の奥に忽然と伽藍が広がるさまは不思議な気分にさせてくれます。寺を少し離れると岬の上から太平洋を一望できる絶景スポットがあります。

所在地:高知県

キーワード:四国地方,四国遍路,高知

リンク:【車椅子の旅】最御崎寺

最御崎寺


土佐神社

土佐神社は、高知県高知市にある、味鋤高彦根神、一言主神を祀る神社で、『延喜式』の式内社、土佐国一の宮です。戦国武将・長宗我部元親が再建した「入とんぼ」という珍しい様式の社殿のほか、土佐藩主・山内忠義が建立した朱塗りの鼓楼などは国の重要文化財で、ひときわ目を惹きます。

所在地:高知県

キーワード:一の宮,四国地方,式内社,高知

リンク:【車椅子の旅】土佐神社

土佐神社


土佐国分寺

土佐国分寺は、高知県南国市の寺院で、現本尊は千手観音。聖武天皇の国分寺建立の詔により天平13年(741)に行基が開創し、のちに弘法大師空海が毘沙門天を刻み奥の院に安置したと伝えています。金堂は戦国大名の長宗我部元親が再建したもので、国の重要文化財です。四国八十八箇所霊場29番札所でもあります。

所在地:高知県

キーワード:四国地方,四国遍路,国分寺,高知

リンク:【車椅子の旅】土佐国分寺

土佐国分寺



↑ ページの最初に戻る