免許更新

つくば中央警察署の免許更新


運転免許の更新申請

現在所持している運転免許を更新するには、更新期間内に窓口に申請をした上で、適性検査や更新時講習を受けることが必要です。
このような適性検査や更新時講習は、通常はそれぞれの都道府県の運転免許試験場、運転免許センター、警察署などで受け付ています。

※ 警察署の場合は優良運転者などに対象が限定されたり、即日交付にならないことがありますので、すべての警察署で免許更新ができるわけではありません。
※ 運転免許センターや運転免許試験場がある市町村の警察署では申請を受け付けず、同じ市町村内の運転免許センターや運転免許試験場で受け付けていることがあります。




目次
つくば中央警察署の所在地(地図)・電話番号
免許更新ができる期間
免許更新の際の必要書類
免許更新のための手数料と講習時間

自動運転車の事故責任

「プロパイロットシステム」のような自動運転車のシステムは、通常の車と同様、運転者が前方・周囲を監視しながら安全運転を行うことを前提に、車線維持支援、車間距離制御支援、衝突被害軽減ブレーキなどを行う機能に過ぎず、天候や周囲の交通の状況によっては適切に作動しなくなることや、作動を突然停止することがあることから、運転者が自動運転車のシステムを使用中に注意を怠たり事故が発生した場合には、原則として運転者がその責任を負うこととなります。


運転免許の認知機能検査と臨時適性検査

運転免許の認知機能検査は、受検者の認知機能を確認する簡易なスクリーニング検査であって、認知症そのものの診断を行うものではありませんが、もしも認知機能検査の結果、認知症のおそれがあると判断された人については、公安委員会が臨時適性検査を行い、又は一定の要件を満たす医師の診断書の提出を命ずることができることが法律によって定められています。


つくば中央警察署の所在地(地図)・電話番号

地図が表示されるまでお待ちください。


名称 つくば中央警察署
所在地 〒305-0032
茨城県つくば市竹園1丁目1番
電話番号 029-851-0110
備考

免許更新ができる期間

運転免許の更新手続きは、運転免許証の有効期間が満了する日の直前の誕生日の1か月前から誕生日の1か月後までの間です。
ただし、末日が土曜日・日曜日・祝日(振替休日を含む。)及び年末年始(12月29日から1月3日)の場合は、これらの日の翌日まで手続きができます。
その他の例外として、海外旅行・病気療養・出産などのやむを得ない事情により期間前に手続きをすることは可能ですが、新しい運転免許証の有効期間は、通常の更新よりも短くなります。


免許更新の際の必要書類

運転免許証の更新を申請するにあたっては、一般には窓口に次のような書類等を持参する必要があります。
ただし、免許の種類や窓口によっては必要がないものもあります。

  • 現在所持している運転免許証
  • 更新連絡書(更新期間の1週間程度前に公安委員会から免許証に記載の住所あて郵送されたハガキ。)
  • 申請用写真 1枚(運転免許試験場や運転免許センターなどで当日に撮影ができる場合は不要。申請前6か月以内に撮影した無帽・正面・無背景で、胸から上が写っている、大きさ3.0×2.4センチのもの。)
  • 眼鏡等(免許の条件に記載がある人のみ。メガネ・コンタクトレンズ・補聴器等。)
  • 講習終了証明書等(高齢者講習や特定任意講習等を受けた人のみ。)
  • 更新手数料及び講習手数料
  • 印鑑(都道府県によっては不要。)

免許更新のための手数料と講習時間

運転免許を更新する場合には、物件費・人件費相当として所定の更新手数料と講習手数料を窓口で徴収されることになっていますが、これは優良運転者・一般運転者・違反運転者・初心運転者の区別によってそれぞれ金額が異なります。
また、更新時講習の講習時間についても、同様に優良運転者などの区分によって異なっています。

区分 更新手数料 講習手数料 合計 講習時間
優良運転者 2,500円 500円 3,000円 30分
一般運転者 2,500円 800円 3,300円 1時間
違反運転者と初回更新者 2,500円 1,350円 3,850円 2時間


 



リンク



↑ ページの最初に戻る